Experimental Animalsの冊子体廃止について

 

(公社)日本実験動物学会の機関誌 Experimental Animals は2019年をもって冊子体が廃止され、2020年(第69巻)第1号から Pubmed Central(PMC)および J-STAGE(本学会ホームページからリンク)上の電子版のみになります。
 Experimental Animalsの冊子体廃止(完全電子化)は、 当学会の財政健全化のために必須の課題であり、これまでその検討と準備が行なわれてまいりました。平成22年度第2回理事会(11月18日)において「段階的な廃止を経ながら最終的に完全な電子化をめざす」基本方針が決定され、その後、希望者のみに冊子体を配付しておりました。このたび、平成30年度第3回理事会(11月16日)において上記の完全電子化の実施およびそれに伴う投稿料の変更が承認されました。
また、実験動物ニュースは、Experimental Animal の完全電子化に先だち、2019年(第68巻)第2号より冊子体が廃止され、当学会のホームページ上の電子版のみとなります。なお、編集は、広報・情報公開検討委員会へ移管されます。
 Experimental Animalsおよび実験動物ニュースの冊子体の配付をご希望されていた会員の方々にはご不便をおかけ致しますが、当学会の財政健全化のために、なにとぞご理解を頂けますようよろしく御願い申し上げます。

 

(公社)日本実験動物学会 理事長 浦野 徹
Experimental Animals 編集委員長 小倉淳郎